猫史のヨーロッパ紀行

革職人&フォトグラファーのブログ

シザーケースのオーダーメイドとかの店


f:id:yamadakazufumi:20171207074547j:plain

あれはいくつのときだっけ?

多分、8年くらい前に「アトリエコンク」っていう屋号で店をやっていたんだけど、どうにもその店の名前はいろんな事情(主に既婚者時代の想いみたいなもの笑)で変えなきゃいけないなぁと思っていたものの、下手に動かして売上が極端に変わったりするとこれ大変そうだから、なかなかそれを実行できるタイミングがわからんわとモヤモヤしていたんですが、ようやく変更しました。

一応、転送の設定やらもしたんだけど、まだネームサーバーの変更が完全に終わっていないようなのでまだ旧URLでアクセスしてもエラーになっているっぽいんだけど、恐らく明日には復旧するんだはず。

 

元々「コンク」っていうのはフランスの山奥にある小さな古い村の名前なんだけど、どうやらディズニーの「美女と野獣」の舞台なのか何なのかになってしまったようで、恐らくもうきっと僕が15年くらい前に居た頃とは違った感じになっちゃってるんじゃないかなと思ったりして、でもわざわざがっかりする為に行くのも嫌だけど、でも行きたいような行きたくないような、っていうジレンマだったんだけど、結局、行かないことにしてもう実在するものをテーマにしちゃいけないのかなとかも、前回の渡欧で思ったりしました。

ってなわけで、新しい店の屋号は 「Nowhere Village」。

この店の名前が出るまでかなり頭の中をこねくり回したんだけど、オランダの森の中がすごく気に入ったってのと、このとき僕はBeatlesばっかり聴いていて、特に「ノルウェイの森」、「Nowhere Man」、「Black Bird」を繰り返し聴いていたり、「Nowhere Man」の歌詞になんだか妙に感動しちゃったりしてたってのが大きいのかなと思います。

もう自分の中で理想の村を作りだして、そこで仕事をしているようなそんな雰囲気を持つ店にしていこうと思っています。

あとはもう、最近森とか山の中に住みたいなぁって思ってます。

 

あ、リンクしなきゃ

 

⇒ オーダーメイドのシザーケース

 

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.