猫史のヨーロッパ紀行

革職人&フォトグラファーのブログ

人は誰かを助けたい生き物


f:id:yamadakazufumi:20170725032124j:plain

現在、chavo宅に居候させてもらっているので、最低限彼女に迷惑を掛けないようにってのは当たり前だけど、普段からシングルマザーで大変なのは一日目のフーの様子を見ていたらわかったので、なるべくchavoに休んでもらえるようにしようと、僕は今主夫っぽい生活をしています。

フーの育児に関して、僕が出来るのはせいぜいオオカミのヌイグルミみたいなのを擬人化してフーをキャッキャと笑わせることくらいしか出来んので、その他の料理と台所の片付けはchavoも手伝ってくれるけれど、なるべく自分が率先してやるべしというのがここ数日の出来事です。

chavoは細かなところでありがとう、とよくお礼を言ってくれる人で、昨日だったか、「猫おじさんが来てくれて本当に助かってる。ありがとう」と言われ、僕はえへへと照れ笑いをするんだけど、以前、本だったか映画だったか誰かが言っていたかは忘れたけど、「人は誰かを助けたい生き物なんだ」ってフレーズが頭の中に残っていて、今までもなんとなくそれはそうかなと思っていたんだけど、今回のオランダ生活において、このキーワードが割と僕の中で大きいのかなと思うようになっています。

 

f:id:yamadakazufumi:20170725040534j:plain

昨日、chavoの友達のビンって人が来て僕も少しだけ会話に参加させてもらったんだけど、「なんで日本を出て、海外に住もうと思ったの?」と訊かれたときに、僕は結構うーんと言葉が見つからない状態になりました。

特にこれといった明確な理由があるわけじゃなく、本当になんとなくなんだけどなぁとは思うのであやふやな答えで返すだけだったんだけど、今日近所を歩いていたら、一人のオランダ人のおばちゃん、というよりも「おばさま」っていう言葉が似合うような女性が自転車をどうにか駐輪場に入れようとして苦労していたっぽかったので、手伝おうかなと思って、「Can I help you?」と訊いたわけです。

そしたら、「もうあとはここに入れるだけだから大丈夫よ。ありがとう」と言われ、オッケーと言ってスマイルを送ったわけですが、あぁ、こういうのが出来るから海外が好きなのかなとちょっと思ったんです。

 

f:id:yamadakazufumi:20170725033055j:plain

つまりその、日本にいるときも、なるべくちょっと手伝うだけでその人が軽く助かりそうなことなら、それなりにある程度出来ていたんじゃないかなと勝手に思っているんだけど、どうにも日本にいるときに誰かを手助けしようとすると、割と照れ臭いような気がするんです。

例えば、バスとかで席を譲るとか、女の人が駅のホームでめっちゃ重そうなスーツケースを持って階段を上っているときとか、多分この人、道に迷ってんだろうなぁって人を見つけても、なんかちょっと行動しづらいようなそんな雰囲気があるんだけど、ヨーロッパに来てみると、レディファーストというスマートな伝統みたいなものがあるので、女性が大変そうだなと思ったときに、誰しもが「何か手伝いましょうか?」って言える空気と、女性も「あ、お願いしてもいい? ありがとう」っていうその、好意をきちんと受け取ってくれる土壌みたいなものが昔から出来上がっているので、それがとても僕は良いなぁって思っているんじゃないか、と今日思ったわけです。

で、文頭の話題に戻るんだけど、つまり、やっぱり「人は誰かを助けたい生き物」っていうのは多分真実なんだと思う。

手伝った方も、手伝われた方も同じように気持ちよく過ごせる短い時間ってものを得やすいのが、ヨーロッパの方が圧倒的に多いんだろなと思ったわけでございます。

 

いやー、いつも支離滅裂なこのブログなんだけど、今日はちょっと腑に落ちたなぁ。

 

f:id:yamadakazufumi:20170725032640j:plain

で、これは昨日行ったミュージアム。

砂が入っていて、左側から水が出てきて川が出来る仕組みみたいなものを観ることが出来るんだけど、これがどうにも面白くてなんか3人でハマってた。

僕はその水が出てくるところの近くにダムのように砂を集め、水がどんどん溜まっていくのを見てたわけです。

そしたらchavoが「猫おじさん、何してるの?」と訊くので、「いやさ、今ダムを作ったんだけど、このダムが決壊するさまを見たいのよね」と言うと、「決壊するさまってwww」と笑われた。

 

 

f:id:yamadakazufumi:20170725044035j:plain

昨日作った鶏肉のやつと、トマトとチーズのサラダ。

一昨日だったか、chavoと「そういやさ、どっかにパクチー売ってないかな? パクチーあるだけで全然美味さが変わるもんね」って話をしていたんだけど、その後家に帰ってこの料理の下ごしらえとかをしていたらチャイムが鳴り、chavoが出ると隣に住んでる女性だったみたい。

そんで玄関の方から「ワーーーーォ!」と言ってるのが聞こえ、なんだろうと思って僕も顔を出して「ハロー」と言ったら、chavoの両手には大量のパクチーが。

隣の人の畑で育ててたみたいで、それをお裾分けしてくれまして、うわすげータイミングだねーって言いながらこの鶏肉のやつに千切って入れてみたら、いやもう美味かったですわ本当に。

トマトとチーズのサラダにはミント。

酢と塩と醤油とオリーブオイルをベースにドレッシングを作ったんだけど、そこにメイプルシロップを入れてみたらこれが当たりでした。

久々に自分でも美味いサラダ出来たなぁって思った。

 

f:id:yamadakazufumi:20170725044908j:plain

そして最後に、今俺とフーの間で一大ムーブメントを巻き起こしているこのぬいぐるみ。

獰猛なオオカミのはずなのにとても顔が可愛い。

この子の名前は「ワニ」。

口が大きい生き物はフーの中でワニになるらしい。

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.