猫史のヨーロッパ紀行

革職人&フォトグラファーのブログ

「子育て 二歳児」


f:id:yamadakazufumi:20170722035532j:plain

今日、Googleで検索したワード。

子育て 二歳児

 

ようやくユトレヒトでのchavo&フーとの生活に慣れてきて、晩御飯を食べ終えて風呂に入ってからchavoとフーとの闘いをドア越しに聴いているんだけど、寝たかなーと思ったくらいにフーのギャン泣きが始まります。

昨日は「白雪姫、見ーたーいーーーー!!! ぎゃーーーーーっ!!」ってのがずっと続いていて、その間chavoがずっと諭すように静かな声で何やらを言うんだけど、全然収まらないので、あーchavo大丈夫かな、俺がなんか白雪姫っぽい声を出して、ドア越しに「フーチャン、ワタシ シラユキヒメヨ。 ネテネ。 ネルノヨ。 オホホホホー!!」とか言えば、泣き止むかなとか思って結構まじでドキドキしながらそわそわしたり、今日は「ミールークー飲ーみーたーいー!!!! ぎゃーーーーーっ!!」って声が続いています。

で、はぁ、世の中の母親は毎晩こうして寝かしつけるのに苦労しているのかしら、と、前述の通り「子育て 二歳児」で検索。

結果、このイヤイヤ期ってのは、子供に自我が芽生えたという証拠であって、イライラせずにその子の成長の一環だと思えば、多少心にゆとりが出てくると思いますよという記事を読み、「そうよね、みんなきっと大変な想いをしているはず。 わたし、頑張る!」と、38歳のおっさんは特に何もしていないくせに勝手にやる気がみなぎったのでした。

 

本日はchavoが仕事でフーも幼稚園だったので、また一人で主夫生活。
晩御飯は昨日から余っていたご飯を使ってチャーハンを作り、それと一緒に餃子を食べた。

炒飯はかなり薄味になっちゃったけど、濃いよりは良いかなということでどうにかみんな食べてくれて良かったです。

あぁ、明日は何作ろうかな。

chavoの一番好きなパスタはボンゴレらしいんだけど、あれってやっぱりね、結局シーフードの美味さによって全く味が変わってしまうだろうなぁと思うんだけど、割とすぐ近くに魚屋さんがあって(そこのフィッシュ&チップスがめっちゃ美味い)、鮭も寿司として使えるくらい新鮮だとchavoが言っていたんで、イカとか何かの貝とかがあればそれを使ってボンゴレ出来るかな、それ作ったらchavoとフーは喜んでくれるかなとちょっとフワフワしています。

あ、やべー。発想が完全に主婦だ。

そんな風にして僕のオランダ生活は、まだもう少しだけ続けさせてもらうことになりそうです。

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.