猫史のヨーロッパ紀行

革職人&フォトグラファーのブログ

フランスの家が決まった


f:id:yamadakazufumi:20170720031938j:plain

「今日は幼稚園だから、日焼け止め塗ろうねー」とchavoが言い、二人でせっせと日焼け対策。

そしたらもうフーは完全に塗り過ぎてて、「フー、あんた顔真っ白だけどいいの?」と訊いても、「だいじょうぶ」みたいなことを言って塗りたくってた。

この頃から女の子はもう、きっと女性なのね。

 

f:id:yamadakazufumi:20170720032228j:plain

23時のオランダ。
みんな優雅に人生を楽しんでるなーって思う。

家族や近しい友人たちと酒をゆっくり飲みながら、会話を楽しんでいるみたい。
そして水路がある街っていうのはやっぱり魅力的よね。

 

f:id:yamadakazufumi:20170720032438j:plain

そんで、タイトルの通り、フランスでの家が急遽決まりました。

ノハちゃんと、先に家探さないとやばいよねーっていう話はしていたんだけど、たまたま更新されたばかりの家が僕らの理想通りの物件で、家賃が安くて家具付きでアイバサンがOKで旧市街地にあるようなところ。

場所は当初の予定通り(?)、フランスのリヨンに決まりました。

場所はソーヌ川の近くでノートルダム大聖堂まで多分徒歩5分くらいのところじゃないかなと思います。

実際に住んでみないことには何とも言えないんですけども、いやもうずっとそこに住みたいって思えるようなところだったら良いですよね。

旧市街地の中なので、近くに雑貨屋さんやレストランも多いところなので、うちの作品を置かせてくれる店とかも見つかったら更に良いんだけど。

まぁどうなるかはわかりませんが、行ってから自分がどれだけアクティブに動けるかでかなり状況は変わるんだろうなと思ってます。
で、またいつ入居するかはわかりませんが、なるべく早い段階で入居して、なるべくすぐに仕事が出来るような形に持っていけたらなと思っています。

とにかく良かった良かった。

家が決まらないことにはビザの問題やらなにやらは全く進まないので、今日はかなり大きな前進だったんじゃなかろうかと思っとるわけです。

 

f:id:yamadakazufumi:20170720033517j:plain

で、今日はchavoがスタジオで仕事だったので、フーは幼稚園へ。

僕は一人で留守番して、「夜なんか食べたいものある?」って訊いたら、なんやかんでカルボナーラになったので、オッケーじゃあ準備して待っとくねと僕は本日主夫となり、chavoが仕事行ってる間にスーパーに出かけて食材を買い、軽く下準備だけして簡単に掃除をして、念のために不味いもの食わすわけにいかんからってことで昼にカルボナーラの練習をして自分で食べ、あぁ多分大丈夫と思ったので昼からパソコンで仕事仕事。

で、二人が夕方に帰ってきたのでパスタを作って出したら、喜んでくれたので良かったですわ。

まぁ、褒められるのが苦手なので、褒め言葉をもらうとずーっと下を向いて「あー良かった」としか言えんかったけども。

 

f:id:yamadakazufumi:20170720034012j:plain

フーはよく泣く。

chavoの家に泊めてもらうって話してたときから、「魔の二歳児に猫おじさん耐えれる?」って言われていたんだけど、いやもうね、chavoすげーなと思った本当に。

夜泣きもするし、ちょっとしたことで泣くし、片付けたと思ったらすぐに散らかすしってのを一日中ずっとやっていて、その中で家事をやりながらオムツを取り替えてってのをやってるのを見ると、母親って本当に大変なんだなと思った。

chavoすごいわ。っていうか、世の中の母親の皆さん、すごいね。尊敬だわ本当に。

 

というわけで、今日はもう少し仕事してからまた夜のユトレヒトへ行ってきます。

あ、そうそう。

昨晩も外に出たんだけど、どこもお客さんがいっぱいだったんで、今日は家で飲むかなと思って近くのイタリアンのインビスに行ってビールを買ったんだけど、その店のカウンターになぜか「白い恋人」が置いてあって、「これ、どしたのー?!」って訊いたら、「なんかもらったんだけど、よくわかんないから食べない。あんたいるなら1個持ってって」と言われて持ち帰ってきました。

 

f:id:yamadakazufumi:20170720034640j:plain

 

ほらね?

 

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.