猫史のヨーロッパ紀行

オランダ在住の革職人&フォトグラファーのブログ

はよ帰ってこいオーラ


f:id:yamadakazufumi:20170311130414j:plain

車を駐車場に停めて、ドアをボンと閉めると、どうやらその音を聞き分けることが出来るらしく、途端に部屋からアイバサンが大声で鳴く声が聞こえてきます。

通常、そういう能力って犬に備わってるんじゃないのかなと思うんだけど、徒歩で帰ってきても足音でそれを察知するみたいで、玄関先の窓からこうしてずーっとこっちを見ていて、「みゃーーーー」っていうよりも、「びゃーーーーー」っていう声で鳴き続けるもんだから、「鳴く」っていうよりも「吠える」に近いような、そんな声で彼はいつも出迎えてくれるわけです。

で、玄関のカギを開けて中に入ると、アイバサンは足下にいて、急にバタンと倒れて腹を見せて、「はい、じゃあここを撫でなさいねー」って言ってくるので、しばらくよしよしと言いながら撫でるとある程度満足してそのまますたすたとご飯のところに行き、「はい、次はごはんだよ。早くして」とこれまた吠えるので、はいはいと戸棚を開けてご飯をカラカラカラと入れると、お礼も言わずにがっついてそのまま家の中はカリカリ カリカリという音で包まれていきます。

まぁそれが可愛いんだけど、なんかこう、もう少し俺に優しくしてくれたらいいのになぁと時々は思うんですけどね。

 

で、これは昨日閃いた企画で、正式な募集みたいなものは出張撮影の方のブログに書こうと思うんですが、ヨーロッパに出発する日は6月30日と決まっているので、いつ沖縄を出るかを迷っていたんですが、もしご希望の方がいらっしゃればなんですけども、福岡周辺、広島周辺、関西、名古屋周辺、関東にお住まいの方で、せっかくだから撮影させてやっか、という方がいらっしゃいましたらお声を掛けて頂けたら嬉しいです。

今のところは6月半ばから月末の間くらいまでっていう期間で考えているんですけども、その間に家族写真や七五三、結婚式や披露宴、ポートレート、アー写などなど、撮ってくれーぃって方はぜひぜひオイラを呼んでくださいませ。

はぁ、寝不足野郎になってる。

目の下のクマ、どうにかならんのか。

 

ちょっと仕事したら一回寝よ。

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.