猫史のヨーロッパ紀行

オランダ在住の革職人&フォトグラファーのブログ

「ハイビーム、壊れてるんすよ」


f:id:yamadakazufumi:20170222140558j:plain

モッサンのところで働いているナオくんがますますわからなくなってきた。

今日、店に出勤したらモッサンがその後に来て、「いやー山田さん最悪っすよ、車壊れました」と朝から悲しい出来事が起こってモッサンのテンションは低め。

3万で治せるみたいだからまだいいですけど、金無いときに限って壊れるんですよねと彼は言い、うんわかります。あと、ちょっと金入ってきたなーってときに限ってなんか支払いが多かったりしますよねというあるあるを話していたら、ナオくんも出勤してきた。

車が壊れたって話題だなと彼は察知し、「そういえば俺の車なんですよ」と言うので、え、どしたの? どこ壊れてるの?と訊いたら、「ハイビーム、壊れてるんすよ」と言うのである。

で、「え、なに? ずっとハイビームなの?」って訊いたら、「いや、そうじゃないんすけど、ハイビームにするときって、ずっとウィンカーのところを手前に引っ張ってないとハイビームにならないんです」と随分困った顔で言うわけです。

人によって、運転するときにハイビームをよく使う人と使わない人に分かれると思うんだけど、僕は割と使う方です。

対向車が来たときのオンとオフはそこそこ面倒だけど、やっぱり前がはっきり見えるってのは良いよなと思って。

 

で、僕はナオくんに「いやそっか。それちょっと嫌だね。ずっと引っ張ってないとダメとかめんどいわー」と、二人でわちゃわちゃと話していたら、モッサンが言うわけです。

 

いや、ナオ。それってもしかしてさ、パッシングするときに手前に引くけど、ハイビームにするときって、前に押せば良いんじゃねぇの?

 

これを言われたときのナオくんの顔は、「THE 青天の霹靂」って顔になり、「え、どういうことですか?」とモッサンに訊き返した。

そこで僕もようやく気付いたわけである。

そういや、車に乗ってるときって無意識にやってるから会話だとわからんかったけど、通常、ハイビームにするときってウィンカーを前に押すよね。そしたら、青いランプがつくのよねそういえば。

 

で、僕はすぐにモッサン側に寝返り、「ったく、ナオくんは本当時々よくわからんこと言うなー」と、さっきまでナオくんに「それは大変だね。きついなーハイビームのとき」って言っていたのに、途端に有利な方に着く自分のこの薄情さがちょっと嫌になりました。

 

そんな仕事前の出来事。

 

あ、そういえばノハちゃんがブログ始めました。

やっぱりあの子、写真のセンスあるなー

 

⇒ ノハ、ヨーロッパに移住する。

 

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.