ドイツで革製品のブランド作ります

沖縄在住の革職人&フォトグラファーのブログ

うち来てどれくらいだろう

うち来てどれくらいだろう

アイバサンの小さい頃の写真を見ていると、ついついニヤけてしまう。

野良のときから人懐こくて、僕が近寄ったら自分からミャアミャア鳴きながら近づいてきた。
一緒に居たメスの子は臆病な子だったからじっと僕を見て、アイバサンが僕の手の中にいるのを確認して、ようやく抱っこさせてくれました、そういえば。

でも今のアイバサンの行動を見ていると、多分彼は人懐こいから僕に近づいてきたんじゃなく、単純に腹が減り過ぎて「 め し く れ ー」 って鳴いてたんじゃなかろうか。 


まぁとにかくなんでもいいや。 

とってもすくすく育っています。 
 

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.