ドイツで革製品のブランド作ります

沖縄在住の革職人&フォトグラファーのブログ

髪を切った、帽子を買った、靴を買った、バックパックを注文する

屋上のアイバサンとナコ

今のうちに外の世界に慣れさせなきゃいけないってことで、ナコが100均でハーネスを買ってきて、アイバサンに訓練をさせてた。
家の中では、「THE・傍若無人」なのに、外に出た途端腰が抜けたみたいで全然歩かない。

原因を考えてみたら、ナコが買ったハーネスに「I ♥ DOG」って書いてあったからじゃないか、という仮説を立ててみたけれど、ただ完全におっそろしくて固まってしまったんだろうと思う。

今日は朝から那覇空港方面に行って、Columbiaのアウトレットショップに行ってきた。
その店では以前、ブーツを買って、店員のオニーサンも今日行ったら僕のことを覚えてくれていたので、スムーズに話が進み、バックパックを買う直前まで行ったんだけど、「うーん、このバックパック凄い良いんすけど、ボーラーハットに似合うバックパックにします」と言って、靴だけを買って帰ってきた(また靴買ったんか)

店員のオニーサンに「どんな帽子なんですか?」と訊かれ、「ボーラーハットって言って、そのー、あの頭のところがこう丸くなってるやつなんすよ」と答えた。


「そうですか、じゃあなにか凄い想い入れのある帽子なんですね」

「いや、特に想い入れがあるわけでもないんです」

「え、そうなんですか?」

「はい、というか、まだ持ってないんです

「も、持ってないんですか? そのボーラーハットは」

「そうなんすよ。その旅のときにかぶるぞーと思って注文してて、多分今日届くんですよね」

「あ、なるほど」


という話になり、結果、仕事場に戻ったら帽子が届いていて、早速かぶってる。

オニーサン、ようやく想い入れが出てきました(遅) 


そして、ようやく被りたかった帽子が届き、髪縛ったり、髪乾かすの面倒だなと思っていたので、よーしじゃあちょっと髪切りに行くかと近くのフレンドリーっていう床屋さんに行き、フェイフォンの奥さんが働いてるってことは聞いていたんだけど、たまたまその奥さんに当たり、フェイフォンの私生活を聞いてウフフと笑った。

そんで、そういやColumbiaのオニーサンが言ってたリュックのブランドを見てみようと思ってググったら、いやもう今まで見てきたバックパックと全然違ってて、おー、こりゃ格好ええってことなり、現在あとワンクリックで注文ってところまで来てます。


↓とても好み





これでようやく主要なもの、というかこれは買っておかなきゃってものはほぼ揃ったんじゃなかろうか。

Kindle金澤さんが使っていないのを譲ってくれるということで、今日発送してくれたみたい。
ありがとうございます。大事に使います。


そういや昨日、仙台のうきこに、「なんかおもろい漫画とかってある?」と訊いてみたら、「やっぱり今は、キングダムかなー」という答えが。
結構前からその評判は訊いていたので、ちょっと1巻だけ電子書籍で買ってみるかなと思ってタダだったんでダウンロードしてみたんだけど、いやもうめっちゃおもろいね。

結局5巻までを買い、買い物からの帰りにゲオに行って8冊くらい借りてきた。


明日は隣のアートギャラリーのOPENパーティ。
ちょっとだけ参加してきます。 

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.