読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツで革製品のブランド作ります

沖縄在住の革職人&フォトグラファーのブログ

おすすめのコンデジ FUJIFILMのX30のレビュー

x30 fuji

このブログは、カメラのレビューを書くところじゃあないんだけど、いやもうちょっと、このカメラについては書いておかないと、なんかもう勿体無いから書いてしまおうかと思っています。

僕が仕事用として使っているカメラは、以下のように、基本はニコンのD610を2台に、単焦点3本(35mm、50mm、85mm)、ズームレンズ1本って感じで撮らせてもらっています。

ストロボは1台だけで、ズームレンズとセットって感じで撮ってるんです。

         


そんで、こういう機材を使っての撮影は、やっぱりフルサイズだしレンズも単焦点で明るいので、ほぼオールマイティに使えるんですけども、とにかく重いのが嫌なんです。

結婚式が家族写真といった画質のクオリティを求められる場合、もちろん仕事なので上記のフルセットを持って行くんですけども、こういう日常のブログを書くぞってときは、とにかくもうどれだけ軽快に使えるかというのがとても大きな部分を占めていて、ただ、最低限の機能は無いとそれはそれで手ブレが出てきたりして、一応はプロでやってるのでそれは恥ずかしいなと思うわけです。

旅に特化したカメラじゃないのかなと

で、今回こうしてヨーロッパに移住するぞという場合、正直こんな重いカメラは持って行きたく無いよなとずっと考えていたんだけど、なかなか自分が求めているコンデジが見つからずに、あぁどうすっかなーって思っていたんですが、たまたま電器屋に行ったときに見つけたこのカメラを触って、あぁなんか使いやすそうだなと思ってごちょごちょといじり、その後家に帰ってから性能とかを調べたら、「あぁ、絶対明日買いに行こ」ってなりまして、本当に翌日には購入していました。

自分なりに「これは欲しい」と思っていた機能

  • 軽くて、肩とかが痛くならないこと
  • カメラの背面を見て撮るんじゃなく、ファインダー付きのもの
  • レンズの開放値が明るいもの(F2は欲しい)
  • ズームが出来ること
  • ISO感度が最低でも6400あること
  • 電池の持ちが良いこと
  • なるべく目立たないように、色が黒であること
  • 内蔵ストロボが付いていること

もうね、この自分が考えていた条件、全てを満たしていて、なんでこれあんまり売れなかったのかなと思うと、勝手にFUJIFILMの方々に同情したりしていました。
完全にプロのサブ機として使える機能と、画質があって、現状でこれ以上のコンデジなんか無いんじゃないのかなと思ってます、これ大げさじゃなくて本当に。

上の僕が考えていた希望は全て満たしているし、ISO感度に関してはもう1段上の12800まであります。

あ、あと、余談ですけども、一番上の写真でもわかるかもしれませんが、僕はフィルムカメラのときもそうだけど、なんかそのメーカーの名前を隠したいタイプなので、パーマセルテープ を貼って真っ黒にしてます。

と、言うわけで、今後はこのカメラが壊れるまで、このブログはX30 で撮っていくと思いますんで、「こんな感じの画質なんだなぁ」って思いながら、見て頂けたらなぁと思います。

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.