猫史のヨーロッパ紀行

革職人&フォトグラファーのブログ

フランクフルト行きのチケットを購入


フランクフルト チケット 格安

12年くらい前に日本に帰ってきてから、海外に行っていなかったので全然旅慣れはしていないんだけど、とにかくチケットの調べ方で相当金額は変わるよなというのはわかっていたので、自分なりにいろんな方法で検索をしてフランクフルト行きのチケットを購入。

直行便ではないから、ってのもあるのかもしれないけど、42,000円で買えてしまう世の中になっていることに本当驚いた。
出発は2017年6月30日。

テロが起きたり、飛行機事故が起きたり、インフルエンザとか病気とか怪我とかありませんように、と今から神頼みしています。

ゴールというか、スタートが決まったので、後はもう今からひたすら準備するしかねぇなぁって思っていて、今からやっておくべきことリストみたいなものは一応用意しているので、出来ることから一つずつやっていって、生活が出来る準備をしとかなきゃなと思っています。

というわけで、備忘録として書いておこ

準備することリスト

  • 国外で作品を作って売る場合の方法の確立。
  • 海外での結婚式や家族写真の依頼を受けられるように、ホームページの開設、もしくは改変。
  • あっちの雑貨とかを仕入れて、日本で売るシステム作り。革職人&フォトグラファー&バイヤーとして動こうかなと。
  • ヨーロッパに住んでいる日本人向けのページ作成とプロモーション。
  • 日本語のページしかないので、英語のページを用意して、マーケットを大きくする。
  • ブログからの収入も後で効いてくるので、そこも毎日本気でやっていかんとね。
  • 革はどこで買えるかわからんので、それの下調べ。まぁでもそれは現地の人に訊いた方がわかりやすそう。
  • 貯金

こんな感じで考えています。
とにかくホームページ系は早めに作ることが重要なので、夜な夜なページ作りをしていくのが大事そうっすね。
ってか、もうホームページ、ネットショップの準備をして、ある程度SEOだけしっかりやっておけば、割とすぐに暮らせるようになるんじゃないかなと楽観視してます。

ってか、楽観しながら手と頭を使うしかないのよね今は。前向くしかない状態って悪くないなぁって思う。


あとはもう、とにかく持ち物を厳選して身軽に動けるようにしなきゃいけないなと思っていて、何を買うにもかなり真剣に悩むようになったのはとても良いことだなと。
データとして持って行けるもの、保存しておけるものがかなり多いよなと思って、今後本は可能な限り電子書籍にしてしまおうと。

Kindle買うか迷ったけど、それはまぁ今パソコンとスマホでどうにかなる部分なので、もう少しそれは寝かしとこ。

あと、ヨーロッパ内を少し歩きたいなと思っているので、体力作りもしとかなきゃなと思っていて、一人用の軽くてコンパクトな寝袋とテントはもう買ったので、あとはバックパックを何リットルのものにしようかかなり本気で迷い中。
大きなバックパックを用意してしまうと、どうしてもそこに入れられるものが増えてしまうので、必要最低限のものだけを入れられるものにしなきゃいけんですね。

前回、半年ヨーロッパを歩いたときに僕が持っていた荷物は23kgあって、今考えたらとんでもない重さのものを背負って歩いていたよなって思うので、今回はその1/4くらいの重さに出来ないものかと考え中。
その時はパソコンが重かったし、本もあったし、寝袋はデカかったし、いらんものが多かったと思う。
どんなものでもとにかく軽いものにだけ注視していけば、かなり移動は楽になるんじゃないかなと思ってます。

パソコンも軽いの買おうと思ったけど、今使っているレッツノートで十分軽いし、何よりコンパクトなくせにかなりサクサク動くのでパソコンは現状維持で良さそうかなと思っています。


こんなもんすかね。

とにかく、チケットを早めに買ったのはとても良い判断だったなぁって思います。
気持ちはすでに海外にいるような感じで、今から可能な限り自分でやりながら、助けてもらえるところは助けてもらおうと思います。

もうね、「誰の助けも受けねぇ。全部自分でやってやる」ってのが如何に愚かだったかがわかったってのは、とても大きいなと思ってます、最近。 

Copyrightright © 2017 arinohane All rights reserved.